SEOの効果測定方法・アクセス解析の種類

このエントリをつぶやくこのエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加Instapaper に保存するこのエントリをdel.icio.usに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOの効果測定方法・アクセス解析の種類

SEOの効果のほどは、

対象とした検索サービスの検索結果や、

サイトを運営している、

サーバーのアクセス解析などを、

見ればその変化を知る事ができます。

 

 

 

 

検索結果ページ上でのランキングの変動の他、

どのようなキーワードによって、

自分のサイトが探し当てられたのかを把握し続ける事は、

継続的にSEOを講じていくために、

大切なルーチンワークと考えましょう!

アクセス解析の方法と、その効果は?

自分たちが運営するサイトへのアクセスの数や、

アクセスしている人達の属性(環境や特性)を把握する事は、

管理人にとって大切な業務の1つです。

 

アクセス解析の作業には、

専用のアプリケーションを利用するのが一般的です。

 

今日では、様々な機能を持つアクセス解析が豊富にあり、

無料配布で長年に渡って、機能アップを繰り返している手軽なモノから、

高度なマーケティングデータをアウトプットする、

エンタープライズ向けの製品まで、

サイトの管理人が自分達に合わせて、

非常に大きな幅の中で選択できます。

 

アクセス解析が提供する、基本的な機能は下記の通りです。

 

 

 

アクセス解析が提供する基本的な機能

 

 

 

環境解析:

訪問者が使用するPCのOS、ブラウザ、IPアドレスなどを解析。

 

 

 

リファラー解析:

訪問者が辿ってきたリンク元のURLや、

検索エンジンで使用したキーワードを解析。

 

 

 

行動解析:

訪問者のアクセス時間、滞在時間、

閲覧ページ、サイト内遷移などを解析。

 

 

 

高機能型のアクセス解析は、

こうした属性を詳細に記録した上で高度に解析し、

サイトの管理人にわかりやすく系統を立てて、

出力する事で機能差を競い合っています。

 

アクセス解析の多くは、下記の3つ方式の内のどれか、

あるいは複数を使用しています。

サーバーログ型

一般的にサーバーは、

サイトの閲覧をアクセスログとして、1つ1つ記録しています。

 

不正アクセスなどがあった場合には、

このログから、どんなユーザーがアクセスしてきたかを特定します。

 

サーバーログ型は、

このアクセスログをアクセス解析に使用します。

 

サイト管理人はアクセスログを分析するだけなので、

 

サイトに変更を加えなくても済む

 

というメリットがあります。

このアクセスログは、「生ログ」とも呼ばれ、

以下の画像のように、アクセスの詳細が記録されているモノの、

データが膨大で、大変見づらいです・・・。

 

SEOの効果測定方法・アクセス解析の種類

 

そのままの形式では、

訪問者の分析作業には不向きです。

 

そこで、解析用のサーバーを用いて、

アクセスログから必要な情報を抽出し、

利用者に見やすく、わかりやすい形で出力します。

 

アクセスログさえあれば、

過去にさかのぼって解析できるメリットがあります。

パケットキャプチャー型

サーバーと訪問者の間のネットワークを監視して、

そこを流れるパケットからアクセスに関連する情報を、

抽出し解析を行います。

 

サーバーログ型と同様に、

サイトに変更を加える必要が無いというメリットがあります。

 

更に、サイト管理人は、

サーバーログ型が使用するサーバーの、

アクセスログでは入手できない情報も得る事ができます。

 

その一方で、ネットワーク上に、

専用のパケット監視システムを導入する必要があるため、

運用面やコスト面でハードルが高くなる場合があります。

Webビーコン型

アクセス解析のために取得したい情報を、

あらかじめ定義しておき、その情報を収集して解析を行います。

 

解析対象としたいサイトに、

専用のJavaScriptのタグを埋め込んでおくと、

訪問者がサイトを閲覧した時に、

その情報を送信します。

 

解析対象の全サイトにタグを埋め込む必要がありますが、

タグを埋め込むだけで初心者でもわかりやすく、

得られる情報も豊富というメリットがあります。

 

また、無料で利用できる「Google アナリティクス」をはじめとして、

ASPなどで各社からサービスが提供されているので、

解析用サーバーを購入する事なく、簡単にアクセス解析が行えます。

アクセス解析の選択の指標

上記まで方式についてご説明してきましたが、

次に、アクセス解析の選択についてご説明します。

 

選択の指標については下記の3つがポイントです。

 

 

 

1.サイトの管理人が必要とする機能を満たしているか?:

ツールのレポート機能は十分か?管理画面は使いやすいか?など。

 

 

 

2.サイトの規模に見合ったキャパシティを備えているか?:

解析ボリュームが膨大なサイトでは、

最大処理件数や解析速度も重要となります。

 

 

 

3.導入コストや運用コストは、サイトの運営予算を圧迫しないか?:

優れた機能を備えるツールであっても、

導入コストや運用コストが高すぎると、サイトの運営を圧迫します。

 

 

 

選定にあたっては、こうした諸条件をクリアにして、

候補を絞ると良いでしょう。

無料配布のアクセス解析については、試験環境を用意して、

十分な試用を実施しましょう。

 

 

 

----------

 

 

 

誰でもはじめは「初心者」で、わからない事が沢山あります。

 

私のアドバイスがあなたの、良き道標になるよう、

 

誠心誠意の気持ちを持って、ご対応させていただきます。

 

 

 

・アフィリエイトって食べ物ですか・・・?

・情報商材アフィリエイトで本気で稼ぎたいです。

・パ、パソコンの使い方を教えてください!

・手取り足取り、稼ぎ方を教えてください!

 

 

 

など、どんな些細な事でも嬉しいです。

 

あなたからのお便りをお待ちしております!ヾ(*゚∀゚*)ノ

 

お問い合わせフォームはこちらまで!

 

このエントリをつぶやくこのエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加Instapaper に保存するこのエントリをdel.icio.usに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おかげさまで全力で情報発信ができます。
本日も応援クリックありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン

 

トップページへ戻る⇒ ツールアフィリエイトで差をつける!
圧倒的に稼ぐ方法と最強の武器

関連記事:こちらの記事を読まれた方は次の記事も参考にしています。

タグ

 

このページの先頭へ